平均値とは?

言語切り替え

統計検定3級の「平均値」に対して調べて見ました。

平均値は、広く用いられる位置の代表値です。

変数xが X1,X2, ・・・,Xn という値を取るとき平均値を「X」と表し、エックスバーと読む。変数Xの平均値は次のような式で定義される。

x=
観測値の合計
観測値の個数
=
X1+X2+・・・+Xn
=
1
n
n
 Σ[i=1..n]Xi

例えば、ある会社の社員5人の年収が

265,280,292,294,311(万円)

という場合 n=5(人)の月収の合計は1,442(万円)で平均値は288.4(万円)となる。これは、5人の収入を均等に分け合ったときに一人あたりの金額になる。

このように、平均値は比較的に意味を捉えやすく、計算が容易などで、分布の中心の位置の代表値としてよく用いられる。

変数データの分析

平均値とは? ・・・統計検定3級の「平均値」に対して調べて見ました。
中央値とは? ・・・統計検定3級の「中央値」に対して調べて見ました。
最頻値とは? ・・・統計検定3級の「中央値」に対して調べて見ました。
[Total: 0 Average: 0]

コメント

 
タイトルとURLをコピーしました