DOCTYPE

言語切り替え

DOCTYPE ・・・  昔から運営されてるWebサイトでHTML5と違うDOCTYPE宣言を書く時使う

昔のHTML文書の一行目によく書かれたおり、主にこれから使うHTMLの書式のルールに対して書かれたりしました。

HTMLはバージョンごとに使用できるタグが削除されて使えなくなったり、変更されたりすることでバージョンを示したり規則で制限したり(例えば、フレームを使えなくするなど)時に使われたりしました。

今となってはHTML5がオーソドックスになっており「<!DOCTYPE html>(HTML5で作成された文書です)」をメインに使うようになりました。

使用例

HTML

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
    </head>
    <body>
        <h2>DOCTYPEのHTML文章です。</h2>
    </body>
</html>

実行結果

対応ブラウザ

対応ブラウザ

MS Edge

Chrome

Safari

Fire fox

Opera
[Total: 0 Average: 0]

コメント

 
タイトルとURLをコピーしました