TypeScriptの準備-(1)-JavaScriptならではの問題

言語切り替え

TypeScriptがなぜ使われる背景になったかJavaScriptが抱えてた問題を簡単に説明します。

今時のWeb開発に置いてJavaScriptの需要が広まるに連れて開発も眩しいスピードで発展しています。

React.jsやVue.jsなどのフロントエンドフレームワーク発明されたり、その発展速度は勉強しても仕切れないくらい早くなっています。

それから、アプリケーション開発に対しては「技術のWeb言語化」 も進んんでおり、JavaScriptさえ使えれば Web開発、パソコン専用アプリ、スマホ全ての開発に対応できるようになりました。

その中で「JavaScriptならではの問題」に対して気づき始めました。

自由だからこそ起きる問題

JavaScriptはこだわりのない自由な言語で特に難易度が高くありません。

要すると「Webの中だけなら、プログラミング経験のない人でも簡単なプログラムなら作成できる」こともできる自由な言語です。

しかし、逆にこの「自由なスタイル」が大規模開発になるに連れて以下の問題が起こります。

変数のタイプの問題

JavaScriptは変数のタイプをこだわりがないと言っても過言ではないでしょう。

実際に変数のタイプを宣言せずテキストタイプを入れたらテキストタイプ、数値を入れたら数値タイプに変わります。

一瞬、自由で楽なスタイルかも知りませんが、これが大規模開発になると「この変数のタイプは何で、どんな用度として使われてるのか」を考えぜ「一応、値を代入してみよう」という感じで開発されてしまうことができてしまいます。

関数の使い方の問題

関数は必要な処理をまとめいつでも呼び出せるようにしたありがたい機能です。

しかし、JavaScriptではこういう関数の引数にどんな値も入れることができてしまうため、「引数のタイプがわからず適当な使い方になりがち」です。

その他にも「使ってないまま残ってしまう関数」や「使用が終わった後に残ってしまう関数内の変数」などのせいで、バグの原因になったりもします。


以上の原因でJavaScriptの問題に気づき、新たな仕様を追加して改良してきましたが、ブラウザによって機能しないこともあり相互的に問題が起きたりしました。

このため「トランスコンパイラ言語」っていうのが登場しまし。この「トランスコンパイラ言語」に対しては次の回で説明します。

TypeScriptの準備

TypeScriptの準備-(1)-JavaScriptならではの問題 ・・・TypeScriptがなぜ使われる背景になったかJavaScriptが抱えてた問題を簡単に説明します。
TypeScriptの準備-(2)-トランスコンパイラ言語 ・・・トランスコンパイラ言語が現れた理由とトランスコンパイラ言語とは何なのかに対して説明します。
TypeScriptの準備-(3)-TypeScriptとは? ・・・TypeScriptの特徴に対して説明してみます。
TypeScriptの準備-(4)- TypeScriptに必要なのは? ・・・今回はTypeScriptを使うためにどのようなものが必要なのか簡単にまとめました。
[Total: 0 Average: 0]

コメント

 
タイトルとURLをコピーしました