TypeScriptの準備-(4)- TypeScriptに必要なのは?

言語切り替え

今回はTypeScriptを使うためにどのようなものが必要なのか簡単にまとめました。

前回まではTypeScriptを使う理由に対して調べてみました。今回はTypeScriptを使うためにどのようなものが必要なのか簡単にまとめました。

Node.js(npm)

まず基本的に必要なのは、Node.jsです。Node.jsとはJavaScript環境でアプリケーションを作るためのエンジンプログラムです。Node.jsをインストールすることでJavaScriptのスクリプトコードをパソコン内で直接実行させることができます。また、JavaScript開発に役立つライブラリやパッケージを使うことも可能です。

Node.jsには「npm」というパッケージツールが組み込まれています。「npm」はJavaScript関係のソフトを全てインストールすることができます。

Node.jsのインストール

ダウンロードは以下のリンクからできます。

ダウンロード | Node.js
Node.js® is a JavaScript runtime built on Chrome's V8 JavaScript engine.

上記のリンクから自分のパソコンに合う「LTS版(推奨版)」をインストールしてください。

インストールが終わったら「window」の場合には「cmd.exe」から、「MAC」の場合には「ターミナル」から「node」という言葉を入力してください。

その時上記のような画面が出たらインストール成功です。

(もし、うまく行かなかったらコメントください。)

プロジェクト初期化

まず、Nodeプロジェクトを始めるためにはプロジェクトのフォルダでプロジェクトを初期化する必要があります。

以下のコマンドで初期化することができます。

npm init -y

そうすると以下のようなテキストが現れpackage.jsonというファイルが生成されます。

TypeScript本体

TypeScriptで何かを作るためにはまずTypeScript本体が必要です。こちらはnodeとは違って「ダウンロード→インストール」をする作業は必要ありません。Node.jsで説明したnpmというパッケージ管理ツールを使いコマンドでインストールして使います。

Webpack

これはTypeScriptと直接関係がある訳ではないですが、NodeでWeb開発をすることにあたって必須だと言っても過言ではないものです。

TypeScriptを利用して大規模開発することになると色んなスクリプトを扱うようになります。ということで色んなスクリプトを一つにまとめてくれるものが必要です。

その時使われるのがWebpackというものです。

Webpackはプロジェクト内のリソースを一つにまとめてくれるバンドルパックです。

TypeScriptの準備

TypeScriptの準備-(1)-JavaScriptならではの問題 ・・・TypeScriptがなぜ使われる背景になったかJavaScriptが抱えてた問題を簡単に説明します。
TypeScriptの準備-(2)-トランスコンパイラ言語 ・・・トランスコンパイラ言語が現れた理由とトランスコンパイラ言語とは何なのかに対して説明します。
TypeScriptの準備-(3)-TypeScriptとは? ・・・TypeScriptの特徴に対して説明してみます。
TypeScriptの準備-(4)- TypeScriptに必要なのは? ・・・今回はTypeScriptを使うためにどのようなものが必要なのか簡単にまとめました。
[Total: 0 Average: 0]

コメント

 
タイトルとURLをコピーしました